記念日スタイリスト®とは

七五三・成人式・卒業式・結婚式など、記念日に関するお支度をすべて仕上げることができる「記念日の専門家」

  • お顔立ちを黄金バランスに近づけて、その人らしさを失わず、上品で女らしさが3割アップの魔法のメイク
  • ギャル盛りからエレガントな和髪まで、手早く仕上げてキレイな上に、長時間そのままキープのヘアセット
  • 「着物は苦しい」という概念がひっくり返る、苦しくないのに崩れない、何度も着物が着たくなる着付

すべての記念日のヘア・メイク・着付ができる美容師は、ここ数年かなり少なくなってしまいました。七五三はこども専用スタジオ、成人式は呉服屋さんが提携している業者さん、結婚式は会場が提携している業者さん。

そのつど違う人にヘア・メイクや着付をされて「ヘア・メイクが気に入らなかった」「着付が苦しくて…」「写真を封印してる」と嘆いているかたの声を耳にすることも多く、それではせっかくの人生の記念日が台無しになってしまう…とずっと気になっていました。

だからこそ私は昔の髪結いのように、記念日のすべてをお支度できる「記念日スタイリスト®︎」という仕事を生み出しました。

技術も人柄も信頼している人に大切な記念日を任せられるという安心感をお客様に提供し続けた事で「なにかのときには絶対に頼みたかった。」「一度してもらったらもう他には頼めない。」そう言ってご依頼して下さるお客様がおかげさまで後を絶ちません。

ヘアメイクSo-magic代表:そうま すずよ
記念日スタイリスト® / 花嫁お仕立て師

1973年1月千葉県生まれ。山野美容専門学校卒業。マダムリオンメイクアップスクール卒業。1993年美容師免許取得 2007年管理美容師資格取得。

専門学校卒業後、美容室でのインターン業務を経て、20歳から都内や舞浜・浦安などのホテル3社で9年間、婚礼美容師として勤務。2005年よりフリーランスのブライダルヘアメイクとして活動し、現在までに2000人以上の花嫁さまを美しく変身。

独立に向けて何の準備もなく「コネなし・ツテなし・資金なし」のスタートだったこともあり、平日の仕事の確保と技術の向上を目的に上野のキャバクラ専門ヘアメイクスタジオに勤務。

ところが9年間のブライダルヘアメイクの経験が役に立たないキャバセットの違いにカルチャーショックを受け、イチから学び直そうと決意し、その後銀座→六本木と移動し、キャバセットで腕を磨く。

2006年結婚・第1子出産。産後4か月ほどで週末のみブライダルヘアメイクとして復活し、都内のレストランやホテルなどに多数出張。しばらくして船橋のヘアメイクサロンのスタッフ育成・指導を担当しつつ、2007年より後輩から熱望され、プロ対象のヘアセットスクールを開催。

船橋のヘアメイクサロンのお手伝いから派生して、船橋→津田沼→千葉のキャバセットを渡り歩き、どこの店舗でもキャストからの指名が多数殺到。さらに千葉のゲストハウスでヘアメイク兼アテンドとして勤務し、ゲストハウスの内情とブライダルヘアメイクの実態を目の当たりにする。

2008年第2子出産後、2か月でキャバセット復帰し、3か月目には自宅でのヘアセットスクールを開催。スクール(平日昼間)・キャバセット(日曜以外の夜)・ウェディング(土日祝)と3つの仕事に携わり、お客様の希望を叶える事を信条に仕事をするスタイルを確立。

2009年よりお客様に相談されたことをきっかけにウェディングプロデュース事業もスタート。会場と提携せずにお客様と直接やりとすることを徹底したことで、中間マージンの無いハイクオリティーでリーズナブルな結婚式が実現。その結果、口コミで9割のお客様がプロデュースとヘアメイクを依頼するという驚きの結果に。

スクールは全国から生徒が集まり、2ヶ月前から予約が埋まる状況の改善のため2013年4月習志野市津田沼に事務所オープン。現在は2015年4月に船橋市宮本に事務所移転をし、記念日専門のヘア・メイクサロンも併設。遠くは佐賀・札幌・静岡・宮城など新幹線や飛行機で通学する生徒も多数受講。「基礎が学べる」「本物のこだわり」を感じ取れる人が訪ねてくるという現状。

最近の記事

PAGE TOP