お客様実例

サイドのカールスタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私は以前、ナイトワーカー(夜働く人。つまりはキャバクラ嬢のことなんですが…)のヘアセットの仕事を8年ほどしておりました。その頃からご縁があったキャストさん(キャバクラ嬢のことを最近はこう呼びます)が誕生日になるとお店でイベントをするので、ヘアセットに来て下さるのです。

普段はお店に入っているヘアメイクさんに髪型を仕上げてもらいますが、やはりここぞというときは納得の行くスタイルにしたいようで、必ず私のところへ来てくれます。仕上がっていくと「やっぱ違うよね~。何がちがうんだろ。同じコテで巻くのに。ぜんぜん仕上がりがちがうんだよね~」と感心してくれます。

IMG_8620

昔から「ヘアセットが学びたければ銀座ヘ行け」と言われているくらい、水商売の方のヘアセットはとても勉強になります。毎日毎日ヘアセットをして、夕方に作ったヘアスタイルが朝まで持たないといけない。ホステスさんやキャストさんは自分を美しく見せることがお仕事に直結するので、キレイに見えることに対して貪欲。

そのぶん、髪型が思い通りにならないとテンションが下がりまくります(場合によっては怒り出す人もいます)。そんな現場で8年も仕事をしたおかげで、どんな髪型も作れるようになりました。おかげさまでキャストさんからの指名も多かったし、そのエリアでは噂になってたみたいです(^^)

IMG_8621

初めてその世界に足を踏み込んだ時は、ブライダルのヘアメイクを9年していたとはいえ、まったく違うジャンルに驚き、衝撃が走りました。イチからやり直し!と思うくらい、スタイルが作れない自分がくやしかった。

30歳の自分が年下のヘアメイクさんに作り方を教えてもらったり、20歳そこそこのキャストさんに小馬鹿にされたこともありました。懐かしいわ~(笑)ヘアメイクの仕事を人生の半分以上しておりますが、まだまだ勉強することはいっぱいありますし、これからも貪欲に技術を身に付けて行きたいと思っています。

記念日スタイリスト®/花嫁お仕立て師◇そうますずよ

【ヘアメイク料金表はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP