お客様実例

着物のたたみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日のセルフ着付レッスンの最後は着物の畳み方を教えました(^^)
人に着せてもらった後に、着物がたためなくて困ったいる方は多いようですね~(^^;)

こちらは浴衣のたたみ方ですが、ほかの着物も同じようにたたみます。長襦袢はまた違うので、それは今度お知らせしますね。

 

①まずは広い場所で、着物をまっすぐ広げます。そのまま脇の線に沿ってたたみます。

②今度は「おくみ線」のところで外側に折り返します

こんな感じできっちり折り返します。

⓷反対側の襟先をもってきて重ねていきます。

襟先からつま先までしっかり重ねます

④襟同士が重なるので、真ん中を内側に折り込み、このようにたたみます。

⑤反対側のわき線をもって手前のわき線と重ねます

⑥背中心からしっかりと折りたたんだ状態になります。

⑦袖の部分を折り返します

⑧反対側の袖は外側に折りたたむので、いったん袖の長さに合わせて襟ごと持って手前に折りたたみます。

⑨袖を折り返して、身幅に合わせます

⑩そのまま裾の部分をもって折りたためば、三つ折り状態になります。

こうして縫い目の通りに折りたたんでおけば、上に何かが乗ってもシワにならず、きれいなまま保管できます。

一度覚えてしまえば、縫い目に沿って折りたたむだけなので、意外とシンプルで簡単です。ぜひ頑張ってたたんでみてくださいね(^^)

 

 

 

花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®︎そうますずよ

So-magicへのお問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP